lunes, 27 de octubre de 2008

Textos de Noken 2: 5

En esta ocasión, hay que poner en el hueco la frase mas apropiada. El texto trata sobre el color de los teléfonos públicos.


私たちが子供のころは、公衆電話の色は赤と決まっていた。遠くからでも見えるためには、目立つ色が最適だったのだ。だが、やがてピンク電話の数が増え、それが緑色に変わり、現在ではほとんどの公衆電話は灰色である。

理由は、(_________) からである。かつては必要不可欠だったから、最も目立つ赤である必要があった。 しかし現在では、ほとんどの人が携帯電話を持っているため、公衆電話はどこも赤字である。当然、街角からつぎつぎと消えていく。

人を引き付けようとするものは派手な色を好み、振り返られなくて済むようになれば、だんだん地味な色に変わっていくのは、人間ばかりではないようだ。

(______) に入る適当なものはどれか。

1) 公衆電話はもう全く必要ない時代になった
2) 公衆電話が目立たなければならない時代が終わった
3) 公衆電話の色の好みが時代とともに変わってきた
4) 公衆電話は数がだんだん増えてきた

No hay comentarios: